愛媛片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

粗大ごみシールという言葉を聞いたことがありますか。

この言葉を聞いたことがある方は引っ越しを経験された方かもしれませんね。

引っ越し以外において、あまり「粗大ごみ」は頻繁に発生するものではないでしょう。

さてこの「粗大ごみシール」は日本中の市区町村にあるとは限りません。

全国で統一すれば引っ越す時も、ごみを出す時もラクなのですが、各市区町村で異なるので注意が必要です。

このシールを使わない地域もあります。

ちなみにA市の粗大ごみ処理方法を例にあげてみると、「戸別収集」と「持ち込み」の2パターンです。

持ち込みは無料のようですが戸別収集は有料になります。

有料になるとすれば、この金額はどのように支払うのでしょうか?

戸別収集に来てもらった係員に現金で支払うのでしょうか?

確かに市区町村によっては戸別収集に立会い、その場で現金を支払うところもあります。

では後日振り込むのでしょうか?

しかし収集を依頼してきた全員が必ず料金を振り込んでくれるとも限りません。

そのような問題点を考えて作られたのがこの「粗大ごみシール」です。

このシールだと前もってシールを購入してもらうことで料金を払ってもらえますし、品目ごとにその粗大ごみシールが貼られているわけですから、回収もラクになります。

ごみの処理方法が市区町村で違うようにこの「粗大ごみシール」も違う名称で呼ばれることがあります。

「粗大ごみ処理券」・「粗大ごみ処理手数料券」等です。

引っ越しする時は、引っ越し先の市町村のごみの分別・廃棄法を確認したほうが良さそうですね。

粗大ごみシールに記入しよう

さてその粗大ごみシールを貼るわけですが、シールへはどのように記入したらいいでしょうか?

そんなに大きくないシールですので、記入内容自体は難しくないはずです。

どの市区町村もおおむね名前または受付番号・収集予定日等を記入します。
粗大ごみシールに記入しよう

ある自治体では粗大ごみシールに名前を書きたくない場合は、記号やイニシャルに代えることができるようですので、なんらかの理由で名前を知られたくない場合等は自治体へ相談してみてください。

あらかじめ処理品目ごとに手数料を明確に決めてあり、収集して欲しい粗大ごみの金額分の「粗大ごみシール」を購入してもらい、粗大ごみに貼り付けますが、シールの台紙が控えになっていることもありますので確認してみて下さいね。

粗大ごみシールを購入しよう

では粗大ごみシールを購入しましょう。

「どこでそんなシールが買えるの?」と思いますよね。

今まで購入する機会がなかった方は余計にそう思うでしょう。

粗大ごみシールを購入できる一番身近なところはズバリ「コンビニ」です。

実は私自身も知りませんでした。

コンビニ以外でもJA、スーパー、ドラッグストア等幅広い店舗で購入することが可能です。

粗大ごみシールを貼ろう

せっかくお金を払って購入したシールです。

確実に貼りたいですね。

各自治体でも厳しい取り決めはないようですが、排出する粗大ごみへあらかじめ定められた金額分の「粗大ごみシール」を回収しやすいように、粗大ごみのよく見える位置に貼りましょう。

金額と粗大ごみが一致するように貼らなければ回収不可とみなされ、回収してもらえません。

用意してしまえば立会いは不要です。

市区町村によっては立会いが必要であったり、ごみステーションへ排出するところもあります。

ここまでくれば引っ越しが終わったも同然です。

粗大ごみに貼った粗大ごみシールは雨ざらしにあっても大丈夫のようですが、雨等の影響でシールがはがれて紛失してしまった粗大ごみは回収してもらえないので、はがれないように貼って下さいね。