愛媛片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

友人や知人で親しい方・会社関係の方が引っ越しをした場合には、引っ越し祝いを贈ることがあります。

また、法人や自営業等の企業や自治体等が庁舎、本社、本店・支店、店舗、事務所、営業所の場所を変えて移転する際の引っ越しにも祝いを贈ることがあります。

このように、相手の発展や繁栄を祈って贈るお祝いを引っ越し祝いと言います。
引っ越し祝いについて
ちなみに、同僚や上司への引っ越し祝いの場合は、職場で周りの人とお金を出し合ってお祝いをすることもあるでしょう。

贈るタイミングですが、相手が引っ越しをしてすぐでは慌ただしいでしょうし、何かと気を遣わせたりするので少し時間をおきましょう。

しかしあまり遅過ぎても何の祝いか分からなってしまいます。

目安として相手が引っ越しをしてから半月以内くらいには贈りましょう。

贈るものですが、引っ越しの挨拶の品と同様、消耗品が好まれるかと思います。

タオルや洗剤等の日用品、クッキーやコーヒー等の食品類等が一般的ですね。

あまりかさばるものでは、相手が受け取った時に、持て余してしまうかもしれませんので注意した方がいいでしょう。

引っ越しをする前は、今までの感謝を込めてご近所さんに引っ越しの挨拶の品を贈ります。

また、引っ越した後は、引っ越し先のご近所さんに引っ越しの挨拶の品を贈ります。

また、引っ越し祝いで贈らない方がいいもの、タブーとされているものがあることはご存じですか?

要注意なものは火を連想させるものです。

例えば、赤のキャンドル、ライター、お香、ストーブ等です。キャンドルくらい別にいいのでは、と思いますが、引っ越しをしてすぐに火を連想させてしまうとやっぱり縁起が悪いですよね。

これらはやめておきましょう。

また、新居に穴を開けないと使えない、飾れないもの、例えば絵画や掛け時計は避けた方がいいでしょう。

このポイントをしっかり踏まえて、引っ越し祝いを購入しましょうね。

引っ越し祝いのお返し

 引っ越しをして、親しい友人から、また会社の同僚から引っ越し祝いをもらうことがあります。

引っ越し祝いをもらった場合、お返しをしなければなりませんよね。

ここでは、そのお返しについて述べたいと思います。
 

 しかし引っ越し祝いの「お返し」という言葉はどこか違和感がありますよね。

お返しというと、もらったから返さなければならないという義務のようなものを感じさせてしまいます。

よって、これは、新築内祝い・引っ越し内祝いといって贈りましょう。
 
 この新築内祝い・引越し内祝いの金額は、いただいた引っ越し祝いの3分の1から半額くらいが相場だといわれています。

贈るものですが、やはりタオルや洗剤等の日用品、クッキーやコーヒー等の食品類等が多いようです。

これらはどなたに贈ってもあまり間違いはないでしょう。

また迷ったら価格帯が豊富なカタログギフトもいいでしょう。

新居に招待したほうがいいかどうか迷うところですが、無理をしないようにしたいものです。

引っ越し祝いの相場

 親しい友人やお世話になった会社関係の人が、引っ越しをした場合、引っ越し祝いを贈りましょう。

贈るものですが、引っ越しの挨拶の品と同様、消耗品が好まれるかと思います。

タオルや洗剤等の日用品、クッキーやコーヒー等の食品類等が一般的ですね。

ただし親しい友人の場合希望の品を聞いてもいいと思います。

さてでは、どれくらいの金額の物を贈ればいいのでしょうか。

の相場ですが、引っ越し祝いの相場は、大体2000円~1万円くらいだといわれています。

関係の度合いによって、金額にある程度変動があるようです。

ですから、かなりお世話になった人、という気持ちがあれば、それに見合った物を用意するといいでしょう。
 
 この引っ越し祝いですが、必ずしも贈らなければならないというものではなく金額等含め気持ちの問題ですから、あまり細かく考えすぎず、贈る方の顔を思い浮かべましょう。